Skip to content
Menu

天柱峰(Tianzhu Feng)

 

中国から来日し、浄智寺の住職であった高僧が、ここからの眺めを愛し、この丘を天柱峰(てんちゅうほう)と名付けたとされています。「天柱」とは「世を支える道義」という意味です。現在は、周囲が木々に覆われ、当時の眺望を楽しむことはできませんが、パワースポットであるといわれます。

Google Map

天柱峰についてもっと知りたい

Home > 大仏・葛原岡 > 天柱峰(Tianzhu Feng)