Skip to content
Menu

銭洗弁財天(Zeniarai Benzaiten)

境内洞窟にある清水で硬貨などを洗うと増えると伝えられていることから、銭洗弁天の名で知られている。 ただし、お札は全部洗う必要なく一部を洗えばよいのです。源頼朝が「この地に湧き出す水で神仏を供養すれば、天下泰平の世が訪れる」と財をもたらす福神とされる宇賀神(うがじん)からお告げを受け、佐助ヶ谷の岩壁に湧く霊水を見つけ、この地に社(やしろ)を建て宇賀神を祀ったとのが創建の由来とのことで、北条時頼が銭を洗って一族の繁栄を祈願したことが、銭洗の起源と伝わっています。

銭洗弁財天

Googleマップで見る

銭洗弁財天についてもっと知りたい

Home > 大仏・葛原岡 > 銭洗弁財天(Zeniarai Benzaiten)